「品質の追及に終わりはない」この言葉は日本が品質立国としてのその地位を世界で不動のものにした要因です。世界各地を出歩けば、日本製品に対する信頼を高さを感じることができます。それは日本の製造業全体が品質を向上するためにたゆまぬ努力を続けてきたからです。そして、それは今でもとどまることはありません。

 弊社でも品質向上追及のための飽くなきこだわりを持ち続けています。高品質な製品を生産するためには何が必要か、どんな検査が必要か、を日々考え、実行して製品を作っています。

 顧客指向を前提とし、製造部門での生産後検査、品質保証部門での出荷前検査に加え、情報技術を活用した生産・品質管理、さらに全社一体となった改善活動の推進を強力に推し進めています。

弊社では
ISO9001の認証を
受けています。
詳しくはこちら
ご覧ください。
各製造ラインでは“KPスポット”と呼ばれる検査台を設けて、随時検査を行います。 品質保証部門による出荷前検査の様子 複雑な形状の製品を多く扱うため、それらの製品検査のための測定器を独自に開発、アレンジをしています。

トップ生産体制>品質保証体制